住宅型有料老人ホーム よりみち

099-230-0590 9:00~17:00

デイサービスセンター
よりみちのご案内

わたしたちが大切にしていること
デイサービスセンター よりみちでは、
ご利用者様が、日々明るく、笑って、心身ともに元気に楽しんで頂けるように、
スタッフ自身がいつも笑顔で、レクレーションを行っています。
今日も楽しかった、今日も笑ったよと、いつも笑顔で言って頂ける、
そんなデイサービスセンターを作っています。

デイサービスセンターよりみちでは、ご利用者様が毎日、笑顔で、楽しく過ごして頂けるように、園芸活動や音楽活動、また四季折々、季節に合わせた楽しいイベントを毎月開催しています。

個別的なプログラムや集団で取り組む機能訓練を行い、日中の活動の充実、活動を通して毎日楽しいと思って頂けるよう、ご利用者様の満足度向上に努めています。

レクレーション・
1日の流れ

レクレーションは、心身に大きな効果をもたらします。簡単な計算や頭を使うゲームやことわざや言葉をつかうクイズ、折り紙や塗り絵など指先を使った遊びなど、楽しんで取り組ことで脳の活性化につながり、身体機能も高めます。また、目に見える効果だけでなく、楽しく何かに取り組むことで、日常生活での楽しみ、他のご利用者様とのコミュニケーションを図ることができ、ご利用者様のQOLの向上、ADLの向上にも繋がります。
当施設では、日々のレクレーションを充実させ、まずは楽しんで頂く、そしてADLの向上を目的としてバリエーションにとんだレクレーションに取り組んでいます。

9月に敬老会を実施。スタッフ一丸となって、踊りや歌、練習を重ね、ご利用者様に楽しんで頂けるよう、毎年内容を変えて笑い声、笑顔が絶えない敬老会を開催しています。

5月は母の日。童心にかえって頂けるような企画や、日頃の感謝の気持ちを込めて手作りのプレゼントを贈呈したり、ご利用者様もありがとう、たのしかったと喜んで頂いております。

カラオケ設備を導入し、ご利用者様の思い出の曲や好きな曲を披露して頂いたり、スタッフが心温まる歌声でご利用者様に披露したり。ご利用者様も歌が大好きで合唱したりといつもにぎやか、スタッフもご利用者様に元気をもらっています。

デイサービス1日の流れ

1日の予定表

8:30~ デイサービス開始 
バイタル測定 
体操・テレビ視聴
9:40~ 入浴
10:00~ お茶の時間 レクレーション
11:35~ 口腔体操
12:00~ お昼ご飯・お昼寝
13:00~ 機能訓練
15:00~ お茶の時間
15:20~ レクリエーション
~16:45 デイサービス終了

①デイサービスホールにて朝食をとったあと、ご利用者様全員の些細な体調変化も見逃さないようにバイタルチェックを行い、体調管理を行っています。また、機能訓練を兼ねた体操を行ったり、公園にお散歩にいったり、映画を観たりしています。
②入浴日は、毎週月、水、木、土曜日の週4回。体調に合わせて入浴を行っています。
③お茶を飲んだり、塗り絵やボール遊び、園芸活動などご利用者様が楽しめる様々なレクレーションを行って、楽しんで頂いています。
④お食事前に、舌や口の周り、首など食べ物や飲み物をのどから食道へ送り込む、嚥下機能を高める筋肉運動を行います。
⑤ご利用者様の栄養バランスを考えた手作りのお昼ご飯を食べます。ご利用者様も毎日美味しい、美味しいと召し上がって頂いています。
⑥昼食後は、お昼寝をしたり、ホールで他のご利用者様とお話したり、テレビを観たりしてくつろいで頂いています。
⑦15時のお茶、お菓子を召し上がったあとは、歌を歌ったり、いろんなゲームをしたり、スタッフも含め盛り上がって楽しんでいます。

年間行事

バーベキュー

コスモス見学

クリスマス会

お誕生日会

【施設のご案内】

デイサービスホール

清潔感があり、ご利用者様がたのしめる空間作りに。ウッド調の床板に、淡いブルーの壁紙をあしらい、ホール全体は広々と、運動会や夏祭りなど、季節行事、レクレーションもご利用者様とスタッフが一緒になって楽しめるホールとなっています。

浴室
16.15㎡と広いスペースの浴室に、リフト付きシャワーキャリーも完備
トイレ
車イスでもゆったりと、スタッフも介助しやすいトイレになっています。 また、介助バーやサイドレールを設置し、転倒リスクを少しでも回避できる仕様になっています。
静養室
デイサービス活動中にお体の具合が悪くなったり、 気分が悪くなった時に休めるスペースとなっています。 日中看護師やスタッフが近くで見守りをしているため、 安心してお休み頂けます。
リハビリ機器
心身の状況に合わせて、心身機能の維持、改善、減退防止のための訓練の実施

事業所概要

事業所番号 4690101979
種類 指定通所介護(地域密着型)
加算 入浴介助加算 40単位
処遇改善加算 利用単位の5.9%
減算 同一建物減算 94単位
利用定員 18名